直線上に配置


協会のあらまし

1.沿 革

 各地域単位で活動していたボイラー整備、据付業者の組織について、全国一体化することで、より効率的に関係業者の資質の向上、技術の進歩、改善等が図られ、それによって、一層労働災害の防止に、また、業界の発展にも役立つということで、昭和57年8月ボイラ整備諸団体、(社)日本ボイラ協会、(社)ボイラ・クレーン安全協会が集まり設立準備委員会を発足させ、昭和58年7月日本ボイラ整備据付協会が設立された。
 昭和58年12月社団法人として当時の労働省の許可を受け、平成25年4月1日一般社団法人として新たな出発をしております。

2.組 織

 協会本部・事務所は、東京都千代田区神田佐久間町3-37-4第2星野ビル4Fにあり、役員として会長、副会長、専務理事、常務理事を含め理事30名と監事2名が業務の運営にあたっている。
 全国に支部14ヶ所、事務所21ヶ所がある。

3.会 員

 正会員は、ボイラー及び圧力容器の整備・据付の関係者で、協会の目的に賛同し入会した個人又は団体となっており、現在(平成29年1月末)368社が加入している。
 賛助会員は、協会を援助するために入会した個人又は団体で現在(平成29年1月末)9社である。

4.参考資料


トップ アイコントップページへもどる